ホーム>屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

破壊エネルギ-である紫外線を直接受けるため、屋根は外壁と比べ劣化が早いです。建物の塗り替えの際は、外壁のみではなく屋根の耐久性も充分に考慮するべきです。
外壁より屋根、屋根より付帯部がいち速く劣化します。建物全体のバランス、塗料の耐久性を考えて塗り替えの計画を立てないと、2回目の塗り替えを10年後に設定しても、途中の5年目ぐらいに屋根と付帯部の塗装だけ必要になります。
よって、外壁塗装もさることながら、屋根塗装時の塗料の選択はとても大切なことなのです。

屋根塗装をするときに押さえるべきこと

屋根塗装のメリット

屋根塗装のメリット
防錆性が高まります
棟板金やトタン屋根などの錆の発生を抑えます。
防水性が高まる
現在の雨漏りを止める性能はありませんが、将来の雨漏りリスクを低減することができます。
屋根材が保護できる
スレートや金属部分の腐食が防止でき、屋根材の寿命を延ばすことができます。
抗菌性が高まる
スレートのコケや、屋根下地部分のカビを抑えます。
遮熱性・断熱性が高まる
夏場は屋根表面から屋根裏や2F室内への熱が伝わりにくくなり、室温の上昇を抑えます。
また 冬場は室内から屋根表面への熱も伝わりにくくなり室温の下降を抑えます。結果、1年中快適な室温を保つことができます。

塗り替え時期の判断方法

塗り替え時期の判断方法

一般的に屋根の塗り替え時期はスレートは10年、トタンは5~8年といわれていますが、それはあくまでも目安で、屋根塗装の塗り替え時期は屋根材や塗料だけで決まるわけではありません。
屋根材や塗料以外にも次のことが塗り替え時期に影響しています。

  1. 気象環境(直射日光・風通り・湿度など)
  2. 屋根の形状(勾配・谷樋・ドーマなど)
  3. 屋根の施工状態(高圧洗浄やケレン不足など)

屋根の塗り替え時期には、環境や形状の違いによる紫外線と水分が大きく関わっています。また塗り替えが2回目以上だと、前回の塗装技術も大きく影響されます。よって経過年数で塗り替え時期は分かりません。実際の屋根の状態を見て判断するのが一番です。

塗り替えのチェックポイント
  • 塗装の艶はあるか?ないか?
  • 以前よりも色が薄くなったか?
  • 屋根が白くなっているか?(チョーキング現象)
  • 屋根が黒ずんだり、赤くなっているか?
  • 塗装が剥がれ屋根材自体が見えているか?

どうしてもご自身で屋根を見れない場合は、業者に見てもらうことをおススメいたします。特に2F・3F屋根の上は非常に危険です。
屋根診断も、弊社までお気軽にお問い合わせください。

屋根塗装費用の目安

屋根塗装費用の目安
屋根塗装費用 35万円~120万円
(足場費用も含み)

※一般的な規模の住宅屋根の塗装費用の目安です。屋根状態等で上記金額の範囲内にならないこともあります。

2F以上の屋根を塗装する場合は基本的に足場を組みます。この足場費用によっても塗装費用全体が大きく左右します。

お客様のお宅の状況によってケースバイケースです。屋根塗装に関するお悩み、ご相談は弊社まで、お気軽にお問い合わせください。